カマグラシリーズをご紹介

バリエーション豊富なバイアグラジェネリック

EDと血液の関係性

勃起というのは、男性の性器が硬く太く立ち上がる状態を指します。
これは、脳が性的刺激を受けたことによって、脳の神経からシグナルが送られることで、男性器にある海綿体の動脈が開いて、そこに一気に血液が流れ込むことで生じます。
しかし、何らかの要因により、動脈の開きが悪かったり、血液の流入が不十分だと満足な勃起が起こりません。
こうした勃起機能の低下をEDと呼んでいます。
その要因としては、加齢や過労、不規則な生活による血の巡りの滞りや、生活習慣病やメタボから来る動脈硬化やドロドロになった血液の巡りの悪さ、ストレスやショックなどの精神的な要因も影響します。
バイアグラというのは世界で初めて誕生したED治療薬であり、シルデナフィルという有効成分が配合されています。
この成分には、体内で勃起を抑制してしまう働きをする酵素を阻害する効果があります。
これにより、勃起を妨げずに促進することで、勃起しやすい状態を作りだします。
もっとも、バイアグラは精力剤や精神興奮ではないので、性的な興奮を脳が感じて男性器へと指令を送らない限り、勃起は起こりません。
他のED治療薬と同様、あくまでも勃起しやすい状態に導き、勃起を補助するお薬の位置づけです。
バイアグラの副作用としては、顔のほてりや目の充血、鼻づまりなどが多くの人に現れ、服用した約9割の人がこれを経験するため、軽度であれば大きな問題はありません。
ただし、中には頭痛や動悸を感じる人もいるので注意が必要です。